エディアンさんのモデル作り直し、Unreal Engineへの読み込みetc…

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

結局。
エディアンさんのモデルはまたまた作り直すことになりました。

せっかく作ったこのモデルなんだけど……没になります。
理由は前の記事でも書いていた「顔のボーンに目のボーンが連動していない問題」によるもの。

ということで。
新しく作り直したエディアンさん。






敢えてというかなんというか。
あまりこだわらずに作りました。

確かに細部にこだわった豪華な衣装デザインにも憧れるんだけど。
エディアンさんに関してはそこまでこだわる必要はないかなって。



横。








後ろ。

このデザインでも十分かわいくできてると思ってます。






で、今回は。
いろいろあって「Unreal Engine」を使うことになって。
Vroidから出力したデータが上記のエンジンで読み込めるのかどうか……という問題ができた。
結論から書くと、

Vroidから出力したデータはFBXに変換すればUnreal Engineでも読み込むことができます。


方法は「FBXファイルをドロップするだけ」です。
Unityのようにあらかじめテクスチャのフォルダを読み込んでおいて……とかする必要はありません。

読み込むとこのとおり、目の周りがえらいことになります。
これを……













直すまでに、けっこうな手間がかかります。
Unityならインスペクターから設定するだけだし、複数のマテリアルを同時に設定変更できるのでそれほど手間にはならない。
けど、Unreal Engineだとわざわざ1つずつ編集用のウィンドウを開いて、設定を変えて、適用して、また次のマテリアルのウィンドウを開いて……と、Unityよりも手間がかかる。




ただ、描画(レンダリング)はとてもキレイ。
さすが高品質なグラフィックが自慢のエンジンなだけある。
けど、今回の目の周りの問題に限らず、設定の複雑さがあることを考えたら。
やっぱりUnityのほうが設定が簡単にできるので、メイドさんはUnity派である。

ならばと考えたことがある。

”UnityでUnreal Engine並みの高品質な描画をすることはできないのか?”


と。





Unityではこれが限界なのか?

……Unreal Engineのような高品質な描画のことを「フォトリアルな描画」というそうです。
ということで「Unity フォトリアル」で検索をかけてみたところ、Unityでもフォトリアルな描画をする方法があるみたいでした。




普段プロジェクトを作るときは、上段・真ん中の「3D」を選択している。
フォトリアルな描画を使う場合は上段・右側の「High Defなんとか」を選択する。
(略してHDRP、と呼ぶそうです)
Unity2020なら必要な設定はすべてやってあるので、新規作成したらすぐに制作に取り掛かることができる。

……HDRPのプロジェクトでエディアンさんを読み込むと、こんな感じになる。










Unreal Engineには負けるけど。
それなりにキレイな描画になっている。



























もちろん、HDRPのプロジェクトでもファイルを読み込むと「目の周り黒い問題」が起きるので。
設定を変えてちゃんと表示した状態になっている。
この設定のやり方が通常の3Dよりも単純で、短時間でできた。

例えば、通常の3Dのプロジェクトだと、ポリゴンを両面表示したい場合は新しくシェーダーを作ってカリングオフのコードを入力、適用してやっと両面表示にできてたけど。
HDRPのプロジェクトだとインスペクタ上に両面表示用のパラメータがあるので、チェックを入れるだけで両面表示にできます。

ただ、基本的に他の設定は通常の3Dのプロジェクトよりも複雑になっているみたいです。

でも。
ここまで描画がキレイにできるんなら。
作っちゃう?

”スパッツくじ-Remake- ハイグラフィックエディション”


的なものを……とかいったりして。
プロジェクトが1からになるので、相当な時間……またまた3ヵ月ほどかかるだろうし、全く同じように作れるかどうかも怪しいけど(笑)


以上のようなことで。
エディアンさんを作り直してUnreal Engineで読み込んでみたり、いろいろやってみた話でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。




















ルーラーのモーションがマントで見えない問題を解決

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

前の記事で「せっかくモーションを作ったのに、マントで隠れてるので意味がない」みたいな話を書いたけど。
割と普通の感じで解決。

”オーソドックス(?)に真ん中を開けました”

これで多少はモーションが見えるようになったはず。
マントっぽくもなったはず。

前のはテーブルクロスに穴開けて顔を突っ込んでるみたいなことになってたからな(笑)










更に、歩きモーションも作って歩かせてみました。

ちなみに上記の画像のモデルデータ、前の記事までのモデルとは別物で。
以前のはテンプレートをVroid Ver.0.11.2から出力してたけど、どうにも不便な感じで。

”顔の動きに連動して目が動かないのはやっぱり不便だ”

ということで。
過去バージョンであるVer.0.8.2……メイドさんが初めてVroidを触ったときのバージョンで出力し直して。
目も連動するボーンに作り直した。
ルーラーは衣装がそこまで複雑じゃないので、衣装については難なく。
ので、見た目はあまり変わってはいないはず。


動画も撮りました。

以前にも書いた覚えがあるけど。
歩きモーションは”全モーションの中で最も難しくて深いモーション”とのことで。

どうしても地面を滑ってるように見えてしまう。
しかもこれは、歩きモーションを作ろうとしたときにやってしまいがちな作り方らしい。

なんとか作れるようになりたいんだけど……





以上のようなことで。
まだまだ問題はありますが、解決に向けて頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



















またしても思いつきでキャラクターを作った(笑)

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

最近、とあるサークル様に「一緒に共同開発をしないか」と誘われて。
そのサークル様のメンバー(プログラマー)としてどれくらいのことができるのか、というのを計るため、ちょっとプログラムを組んでみようってことになってる。
ので、”スパッツくじR”の開発が少しスローペースになります。
ご了承ください。


で、そのサークル様で使うわけではないんだけど。
またしてもキャラクターを作ってしまいました(笑)

いつもの如く、Vroidでテンプレートを出力。
Metasequoia4で改造をしています。
今回のキャラクター、今までのとは違います。
最大の違いは”衣装がスカートではない”ということ。
いや、スカートじゃなくても”めくれる布がある”というのは変わってないんだけども(笑)

ということで、今回作ったキャラクター。


どこからともなく現れる謎の少女。
名前は「ルーラー」という。
ルーラー(Ruler)とは「支配者」とか「管理者」、はたまた「ものさし」という意味です。

彼女は”ものさし”の意味合いが大きいキャラクターとなっています。

危険な場所や、いわゆる”大ボス”の前や、強敵のいるところまで来ると、どこからともなく現れ。
「そこのお前……どこに行くつもりだ?」と”必ず後ろから”話しかけてくる。
こっわ(笑)

時には戦闘をすることも。
「お前にこの先の敵を倒すほどの力があるのかどうか……試させてもらうぞ」
みたいな。



戦闘時。
最初のかかってくるとき、かな?

マント(?)の下は意外と普通だったり。
全体的な衣装のデザインは「白猫プロジェクトのバイパー」と「暁の軌跡のアイリ」を参考にして作っています。

いや、単に”マントの下に短パン”というキャラを作ってみたかっただけ(笑)

スカートじゃなくても。
”覆ってるものがめくれて下に着てるものが見えた時って興奮しないか? しかもそれがスパ(略)”という、メイドさんの変態思考の元に作ったキャラです。
今回はスパッツじゃなくて短パンだけど。
そういう意味では「ブラックロックシューター」とかの衣装デザインも意外と好きだったりします。

いや、上記のような変態思考でなくとも、普段マントや上着等で隠れてた部分が見えると、なんか感動があったりする。
男性でも、女性でも。

”この人ってこんなデザインの服を着てたんだ”

って。
多分それをやりたかったのかな(笑)

ちなみに、ルーラーはスパッツくじRへの実装予定はありません。
スカートじゃないから、実装したらいろいろとおかしいことになるし(笑)
そもそも、エフィの実装で一段落ってことにしてるので、今のところは基本的に新キャラを実装するつもりがないので。

けど、以降の作品には何らかの形で登場するかもです。
まだまだ予定は決まってないけど……

以上のようなことで。
引き続き制作、頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。























スパッツくじR、エフィの実装状況

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

現在、Ver1.20に向けて開発を続けている”スパッツくじR”。

執筆時現在は、ふりーむ! で68本、フリーゲーム夢現で35本、Boothで13本。
全部で116本ダウンロードがされております。
本当にありがとうございます💗
(Ver.1.00から1.10までの通算です)

公式ページにカウンターがないので、もしかしたらもっと多いかもだけど……現時点ではそんな感じです。
オカシイな。10000いくはずだったんだけど……(笑)
まだまだ知名度が足りない、ということですね。頑張ります。


ということで本題。




エフィのモデルがようやく完成したということで、ゲームへの実装に入っていた。

タイトル画面もエフィが写ってるのを作成。
クゥリのも実は無かったので、ついでに作成。
今までのと合わせてタイトル画面は8パターンとなった。



最初はこの絵をタイトル画面に使おうと思ってたんだけど。
姉に見せたら「タイトル画面につかえるような構図じゃない」って言われ。
そもそも”厚底の靴で裏が見えてるのがおかしいように見える”というのもあるようだった。
ということで、上記の絵は没に(笑)

設定に”自分を人形だと思っている”というのがあるので、ポーズも人形っぽい感じ(?)にしてみたんだけど……だめかぁ。

そんなこんなで、カメラワークや顔の向き等をちょっと調整したものを使うことになりました。
Ver.1.20の告知の時にお見せできるかと思いますので、今しばらくお待ちください。

あとは、エフィに関しての詳細というかなんというか。

現在開発している「スパッツ」くじRでありますが。
実はエフィ……

下はスパッツではありません(笑)


「もうスパッツくじじゃねぇじゃん」って言われそうなんだけど……新要素の実装が一段落ということで、入れようと思ってた要素をすべて入れることになりました。
エフィのみスパッツではないということで、彼女のみ落とし穴に落ちた時に、それをネタにした演出を実装予定です。

ちなみに実装予定の演出は、実はゴス子でやる予定だったもので。
「くじを10回以上引いた状態でエディアンさんを選んでゲームを開始すると、5%の確率で紹介ムービー時に特殊なイベントが発生し、エディアンさんの代わりにゴス子が落ちる」というものでした。
が、諸事情で実装を断念。
代わりにエフィのほうに実装することになりました。
予定ではくじで吉以上の運勢を引いたときに、上記の演出がされるようになっています。


……で。
エフィは下に何をお召しになっているのか。
気になる方もいるんじゃないだろうか?
それはゲームをプレイしていただければわかります……といいたいところだけど、少しだけ。
お〇んつじゃないのは確かです。
もしそうだったら年齢制限つけなきゃいけなくなるし(笑)


見てのとおり、エフィの衣装はロリータファッションです。
このファッションではなくてはならないお召し物です。
そしてそれはメイドさんがスパッツよりも好きなものです(笑)

ここまで書けばわかるだろうということで。


開発の進捗。
現在はキャラクター選択画面への追加をしてるところ。
紹介のムービーと並行して作業をしている。

選択画面に表示するところまではできた。
あとはモーションをつければ選択画面はOK。
紹介ムービーも、ゴス子のセリフやカメラワークは設定済み。
ムービー中のモーションは選択画面と同じなので、モーションがつけられればこちらもOKとなる。

これが終わったらゲーム画面、くじの記録画面……と進めていく。
エフィの実装にはまだまだ時間がかかりそうです。


以上のようなことで。
引き続きゲーム制作、頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
























”スパッツくじR” エフィのモデル完成

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

スパッツくじR、Ver1.20で実装予定のキャラクター「エフィ=ハーペット」のモデルが完成。




手がフリフリにめり込んでるのは勘弁してください(笑)

エフィ=ハーペット

エディアンさんの親友。
スパッツくじ大会で楽しそうにしているエディアンさんをこっそり見守っており、参加するつもりまではなかったのだが……あまりにも楽しそうにしていたため、とうとう我慢できなくなって参加することになった。
椅子に座るのが好きで、毎日のように座り心地のいい椅子を探している。
無口なのは”自分を人形だと思っているから”なのだとか。




























うん、かわいい💗




















個人的にはこの角度が気に入ってます。



ともかく、モデルが完成したということで。
ようやく実装に入ることができます。

Ver1.20をお楽しみに。

以上のようなことで。
引き続き制作、頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。




















スパッツくじR、Ver1.10公開開始

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗



スパッツくじ-Remake- Ver1.10の公開を開始しました。



新キャラ「クゥリ」を実装した最新版となっております。
是非プレイしてみてください。

それから、以前の記事で書いた変更・調整等の他に「タイトル画面の各ボタンがクリックしづらい、ご判定がある(「くじの記録」をクリックしたのに「終了」が反応してしまう等)」というご報告がありましたので、タイトル画面のレイアウトを調整しております。
その点もよろしくお願いいたします。


……あとは「新衣装のエフィ」のみ。
エフィの実装が完了すれば、スパッツくじRの追加要素は一段落。
以降にキャラクターを思いつかなかったり、追加の要望等がなければ、開発はひとまず終了となります。


以上のようなことで。
引き続きゲーム制作、頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スパッツくじ-Remake- ダウンロードはこちら

Boothでも公開しております



「ふりーむ!」と「フリーゲーム夢現」は公開申請中です。























スパッツくじR、Ver1.10の公開予定

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

なんとかクゥリのダンスを思いつき。
いつものようにBlenderでモーションを作ってUnityに取り込み。
ダンスを作りきることができました。

今までのキャラクターは上半身をよく動かしてた印象だったので。
じゃあクゥリは下半身を動かすか……ということで、腰を主に動かすようにした。
けど、ちょっと動きが少ないので地味かもしれない。
一応「なんとかトレイン」みたいな動きもちょっとだけするけど……


そんなかんじで。
クゥリの実装も無事に完了したということで。
Ver1.10の公開予定です。

公開予定日は1月7日となります。


公開をお楽しみに。





























”Rebed Action”を制作する前に。クゥリについて詳しく語るための企画を

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

今回、スパッツくじRにクゥリを実装することになったということで。
ちょっと考えてることがあったので書きたいと思う。

結論から書くと……

クゥリちゃんのゲームを作ることにしました。


厳密には、クゥリが主人公のゲームです。
タイトルは……

「クゥリの空力実験」でございます(笑)


作ろうと思った理由。大きく分けて3つほど。

理由①:クゥリについて詳しく語る機会がない


雪国から来た……という設定になってるんだけど、Rebed Actionにもそれ以降の作品にも雪国の登場予定はありません(ご希望があれば作るかもだけど(笑))。
完全にぽっと出で思いついたキャラクターだったし、もともと企画にもなかったことから、当然ながら登場する予定もありませんでした。
ので、全く設定がなっていません。
ということで、設定をしっかり作ろうと思った、という。

理由②:予測変換の悪戯か……?

スパッツくじRへの実装の際に。
プログラムではどの部分でどんな処理をしているのか、というのがわかりやすいように「コメント」を入れる、というルールがあります。
で、コメントの時に「クゥリ」と何度も入力することになるのですが。
この時に間違ってLを入力するのを忘れて「くう」となってしまうことがありました。
ここで予測変換に「空力実験」というのが出たことがきっかけ。
「空力実験」について調べたところ、どうやら飛行機等の飛行能力を測定するための実験であると。
で、そこから語呂合わせ(?)で「クゥリの空力実験」というタイトル、そして”疑似的な飛行能力がある”という設定を思いつきました。

理由③:なぜかいろいろなことが思い浮かんだ

過去の記事でも書いたとおり、クゥリは氷や雪を使って戦います。
例えば、広範囲に吹雪を起こしたり、氷を槍の形に変えて襲い掛かったり。
その見た目に反してとてもダイナミックなことをするのがクゥリの特徴です。
(この作品では戦いはありませんが……)

で、②のことも相まって、いろいろなことを思いつく。

この姿……というかシルエット? がロケットに見えたので(笑)
吹雪を噴射して飛行したりしたら面白いのかな? とか。


”Rebed Action”がゴール地点にたどり着けばクリア、というのを採用しているため、同じような感じにして。
地形が離れ島っぽくなってて、上記の飛行能力を使わないと渡れないようになってる……とか。
ただ飛行能力があるだけでは面白くないので、パワー(燃料に相当するもの)に制限を設けて、ちょっとした謎解きっぽいようにしても面白いかな? とか。
単純にクゥリを気に入ってるのもあるかもだけど(笑)

ここからはクゥリに関する豆知識(?)。

豆知識①:クゥリは人間ではない

「雪族」という、文字どおり雪国で暮らす種族です。
「スノーぞく」と読みます。
共通して雪や氷を使用した魔法らしき能力を持っています。
また、雪の積もった場所や冷たい場所でなければ能力を発揮できません。

豆知識②:クゥリは雪族なのに寒がり

寒い地方に住んでるのに寒がり。
”クゥリの空力実験”ではあまりにも寒すぎる雪国から勝手に出ていってしまい。
偶然”スパッツくじ”の会場にたどり着く……という設定になっています。
つまり、”クゥリの空力実験”はクゥリが会場にくるまでの話で。
時系列としてはスパッツくじRよりも前の話となっています。

全体的にセオリー(?)からのギャップを狙ったような設定になっています。

以上のようなことで。
ちゃんと作り込んで「クゥリちゃん好きです!」という方ができるようにしようと思う。

引き続きゲーム制作、頑張ります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スパッツくじR、クゥリのモーション制作状況、etc……

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

今回は”スパッツくじR”の、クゥリのモーション制作の状況報告。
……なんとかキャラクター選択画面のモーションは思いついた。



高くピョーンって飛び上がるだけ(笑)
ジャンプした時にスカートが派手にめくれ上がるので、物理演算は無効にしています。

どうしても思いつかなければ、他のゲームやらダンス等の動画を見て参考にしたり……といったことをしたほうがいいかもしれない。
制作状況については以上。




これだけだと短すぎるということで、クゥリつながりの新しい企画の話を少し。
現在、クゥリを主人公にしたゲームを企画しています。
彼女の設定を語る機会が現時点ではないことから制作を予定。
アクションゲームの勉強のために作るので、”Rebed Action”よりも先に作ることになります。


次の記事ではその話を書きますので、お楽しみに。




以上のようなことで。
引き続きゲーム制作、頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。






















スパッツくじR、Ver1.10の更新予定内容

あけましておめでとうございます💗
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

今回は”スパッツくじR”Ver1.10での更新予定内容について。
追加要素と変更・調整とあるので、順に書いていく。

①追加要素

今回の目玉となる、新キャラ「クゥリ」の実装。
雪国出身なのに寒がりで。
生まれ故郷はあまりに寒いということで、勝手に雪国を出てきてしまった子。
エディアンさん達は、親御さんが見つかるまで保護しよう、ということになったのだが……偶然この会場を訪れたクゥリにとって”スパッツくじ”は見たことのない新鮮なもので。
「見聞を広めるために、自分もやらせてほしい」といってきたので、少し心配ではあるものの本人は「大丈夫だ」というので参加してもらうことになった。

小学生並みの体系ですが、年齢は21歳です。
ついでに書くと”クゥリは人間ではありません”
(この点については「新しい企画」を考えている――という記事を執筆中なので、そちらで語りたいと思う)

エディアンさんを含めた他の方々も、このことは知らず。
子供だと思って接しているようですが……?

――という設定です。
なぜクゥリは本当の年齢を明かしていないのでしょうか?
謎のある子です(笑)

あ、裏でなんかしでかそうと企んでるとか、実は悪役――とか、そういうキャラクターではないのでご安心を(笑)



追加要素は以上です。



②変更

・キャラクター選択、くじの記録画面でエディアンさんのスカートの物理演算を適用しないように変更
 紹介されていたYouTubeの動画でも、選択画面のエディアンさんが「見えてる、吉だ」と、ゲーム開始前から突っ込まれる……という事態になったため(笑)
 エディアンさんのスカートのみ物理演算を適用しないようにしました。

・くじの記録画面で各キャラクターが選択時のモーションをしないように変更
 キャラクター選択の画面では紹介ということで、各キャラクターが最初にモーションをするようになっていますが。
 「くじの結果画面までモーションを入れる必要はないのでは?」という指摘を姉にされたことから、くじの記録画面では待機モーションのみするように変更しました。

・水槽に落ちた時のエフェクトをカット(ライトエディションのみ)
 ライトエディションをダウンロードページの動作環境欄に記載している「最低スペックのPC」でプレイすると、ゲーム中に著しい処理落ちが発生したため、Ver1.10ではカットすることになりました。
 動作確認がちゃんとできていなくて申し訳ないです。


変更は以上です。


③調整

・特殊イベント時のカメラワークを調整

特殊イベント突入時、一部のキャラクターはカメラワークによってはほとんど姿が映ってない場面があったため、できる限り全体が映るようにカメラワークを調整しました。

Ver1.10での更新予定は以上です。
ならもうすぐ公開されるのか? と楽しみにされている方も多いと思いますが……
結論をいうと

公開まではもう少し時間をください

です。
大まかな実装作業も終わってるし、実行中に不具合がないことも確認できているので、リリースしようと思えばリリースできる状態。
なんだけど、実は今の状態では「クゥリのモーションが他のキャラクターの流用になっている」という。
新しいキャラクターを考えたんだから、モーションも新しいものを作りたいと思っていて。
だってさ、せっかく「新しいキャラクターが出ました!」って聞いて期待してプレイしたのに、モーションが流用だったら落胆しないか?
「このキャラ、手抜きしてるわ」って。
いっとき特殊イベント時の踊りは葵ちゃんに聞いてそのとおりにやってる……という設定にして終わらせようと思ったし、執筆時現在もクゥリのモーションは葵ちゃんの流用になってるんだけど、それもやめることにした。

やっぱり新しいキャラのモーションは自分で1から新しく作るべきだって。
ので、

公開まではもう少し時間をください。

クゥリちゃんのモーションができ次第、すぐに公開しますので。
それまではお待ちいただけたらと思います。

以上のようなことで。
引き続きゲーム制作、頑張ります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。