”Rebed Action”を制作する前に。クゥリについて詳しく語るための企画を

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

今回、スパッツくじRにクゥリを実装することになったということで。
ちょっと考えてることがあったので書きたいと思う。

結論から書くと……

クゥリちゃんのゲームを作ることにしました。


厳密には、クゥリが主人公のゲームです。
タイトルは……

「クゥリの空力実験」でございます(笑)


作ろうと思った理由。大きく分けて3つほど。

理由①:クゥリについて詳しく語る機会がない


雪国から来た……という設定になってるんだけど、Rebed Actionにもそれ以降の作品にも雪国の登場予定はありません(ご希望があれば作るかもだけど(笑))。
完全にぽっと出で思いついたキャラクターだったし、もともと企画にもなかったことから、当然ながら登場する予定もありませんでした。
ので、全く設定がなっていません。
ということで、設定をしっかり作ろうと思った、という。

理由②:予測変換の悪戯か……?

スパッツくじRへの実装の際に。
プログラムではどの部分でどんな処理をしているのか、というのがわかりやすいように「コメント」を入れる、というルールがあります。
で、コメントの時に「クゥリ」と何度も入力することになるのですが。
この時に間違ってLを入力するのを忘れて「くう」となってしまうことがありました。
ここで予測変換に「空力実験」というのが出たことがきっかけ。
「空力実験」について調べたところ、どうやら飛行機等の飛行能力を測定するための実験であると。
で、そこから語呂合わせ(?)で「クゥリの空力実験」というタイトル、そして”疑似的な飛行能力がある”という設定を思いつきました。

理由③:なぜかいろいろなことが思い浮かんだ

過去の記事でも書いたとおり、クゥリは氷や雪を使って戦います。
例えば、広範囲に吹雪を起こしたり、氷を槍の形に変えて襲い掛かったり。
その見た目に反してとてもダイナミックなことをするのがクゥリの特徴です。
(この作品では戦いはありませんが……)

で、②のことも相まって、いろいろなことを思いつく。

この姿……というかシルエット? がロケットに見えたので(笑)
吹雪を噴射して飛行したりしたら面白いのかな? とか。


”Rebed Action”がゴール地点にたどり着けばクリア、というのを採用しているため、同じような感じにして。
地形が離れ島っぽくなってて、上記の飛行能力を使わないと渡れないようになってる……とか。
ただ飛行能力があるだけでは面白くないので、パワー(燃料に相当するもの)に制限を設けて、ちょっとした謎解きっぽいようにしても面白いかな? とか。
単純にクゥリを気に入ってるのもあるかもだけど(笑)

ここからはクゥリに関する豆知識(?)。

豆知識①:クゥリは人間ではない

「雪族」という、文字どおり雪国で暮らす種族です。
「スノーぞく」と読みます。
共通して雪や氷を使用した魔法らしき能力を持っています。
また、雪の積もった場所や冷たい場所でなければ能力を発揮できません。

豆知識②:クゥリは雪族なのに寒がり

寒い地方に住んでるのに寒がり。
”クゥリの空力実験”ではあまりにも寒すぎる雪国から勝手に出ていってしまい。
偶然”スパッツくじ”の会場にたどり着く……という設定になっています。
つまり、”クゥリの空力実験”はクゥリが会場にくるまでの話で。
時系列としてはスパッツくじRよりも前の話となっています。

全体的にセオリー(?)からのギャップを狙ったような設定になっています。

以上のようなことで。
ちゃんと作り込んで「クゥリちゃん好きです!」という方ができるようにしようと思う。

引き続きゲーム制作、頑張ります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です