タカナにいろいろなポーズをさせて遊んだ

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

前の記事で脚と腕にIK(インバースキネマティック)を設定できたということで、今回はいろいろなポーズをさせて遊んでみた。

……というか、最近はタカナにハマり過ぎで他のモデルの制作が全く進んでないような気も。
(ブログでもタカナのことばっかり書いてるし)
スクリーンショットも、このブログのライブラリ見てみたらサムネイルが紫一色になってたからな(笑)
そろそろ他のモデルに取りかかってもいいかなって思ったりもしてる。
前にも書いたけど、他のキャラにもIKを設定しないとだからね。

ということで、IKを設定したタカナに、いろいろポーズをさせて遊んだという話。



3つほどポーズを取らせてみた。












まずはお馴染み(?)のこのポーズ。
モデルが完成した喜びで悪ノリしたかなんかで、調子に乗ってこのポーズをとらせたのが最初。
IK設定後にもやってみました。

ちなみにこのポーズは「女豹のポーズ」とかっていうらしいね。
以前の記事でいただいたコメントで初めて知った。

調べたところ……名前までは知らないんだけど、とあるグラビアアイドルの方が最初にやって好評だったことから、徐々にモデルさんの間でも広まっていった、みたいなことを書かれてた覚えがある。
妖艶なポーズなので、大人として魅せる……ということで結構男性ウケするポーズなんだとか。
ので、本来はタカナのような幼さのある子がするようなポーズではないんだけども(笑)


正面から。




ごめんなさい、調子に乗りました。
後ろから見たらいい感じにスパチラしてたのでつい(笑)



あとの2つはちゃんと真面目にやってます。















ゲームかなんかの紹介ページで片隅にあるような感じ、かな?
「是非プレイしてみてね!」とかいうテロップが近くにありそうな(笑)









別角度から。













モデルさんがしそうだと思ったポーズ。
清楚というか、書道系というか。
落ち着いた感じの子をイメージして。
……もう少し顎を引くべきか?

あと、最後に。
IKのチェーン数は、肩まであることから当時は3にしてたけど。
こうすると肩がグワングワン動いて違和感しかなかったので2に戻し、肩は手動で回転させて調整することにしました。
それだけだけど(笑)



以上のようなことで。
タカナにポーズをとらせた話でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です