TODOリストっぽいものを作ることにした

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

今回は、ゲームの開発そのものにおいての問題の話。
ゲームを作ってると、しばしば「どこまで出来ててどこができていないのか」とか「何が作ってあって、何が作れていないのか」等、いろいろごっちゃになってわからなくなることが増えてきた。
ということで、どの部分がどこまでできてるのか、どの部分に取り掛かるべきなのか……というのを可視化(?)するために「TODOリスト」っぽいものを作成し、管理することにした。

今回使わせていただいたのは、スケジュール管理ソフト「Schedule Watcher」。
インターフェースを見た感じ、元は本物の業務をやってる方向けのもので、本来はサラリーマンの方がシステム手帳みたいに使うものなんだろうけど。
このソフトにはTODOリスト管理の機能があるみたいだったので、その機能を目当てにダウンロード。
インストーラはついておらず、Zipで圧縮されたファイルを解凍するのみで使うことができたので、PC操作に慣れてる方なら問題なく導入ができるはず。







実際に「Schedule Watcher」を使用している画面
ダイアログの真ん中あたりにある「分類」の項目は、右の設定ボタンから自由に設定することができる

今のところ、使っているのはTODOリストのみ。
下部・真ん中のウィンドウに「目標」や「アイデア」、「購入」といったタブがあって、前2つはゲーム制作でも使えそうだった。
「購入」はたぶん本物の業務で必要なものを経費で落とした……とかそういうことを記載するため、かな?

これでなんとか、自分が今、何をしているのか、何に取り掛かるべきなのかがわかりやすくなったと思う。
制作も多少ははかどるはず。

本題はこれだけです(笑)


これで終わると短すぎるので宣伝を。

メモ帳ソフト「Brifly Memo」が公式ページとVectorで公開中です。

必要な時にトレイから出し、必要がなくなったら「トレイ常駐」ボタンでタスクトレイにしまえる。
文字列自動コピー機能も搭載しています。
小回りの利くソフトとなっていますので、是非お使いいただけたらと思います。

ダウンロードはこちらから



以上のようなことで。
TODOリストを作ることにした、という話でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です