スパッツくじ-Remake- 低スペックのPC向け、軽量化の目途がある程度立ちました【追記あり】

こんにちは。
メイドさんこと、女装子ゲームクリエイターtoメイドです(笑)

いつもコメント、ときにはメッセージをいただき、ありがとうございます💗

以前の記事から低スペックのPC向けにもリリースするために、どの描画の組み合わせでどんなスペックのPCなら快適に動かすことができるのか、というのを検証していた。
Androidエディションでは解像度を下げるだけで快適な動作ができたが、PCではうまくいかず。
いろいろ調べたところ、ライトや影が怪しい……ということで、今回は影&ライトを無効にした状態で動かしてみた。

そして、下記はその動作確認記録である。


ちなみに、動作の確認に使っている2台のPCのスペックは以下のとおり。
(ゲームの開発に使っているものとは別のものです)

・タブレット
 元々は絵描きのために購入したものだが、メモリが4GBと少なめなので快適に動くかどうかと聞かれたら首をかしげるところ。

スペック:
OS:Windows10
CPU:Intel(R) ATOM(TM) x5-Z8350 1.44Ghz
メモリ:4GB
グラフィック:Intel(R) HD Graphics

タブレットということでグラフィックボードは非搭載なんだけど、内臓グラフィックが「Intel HD Graphics」なので……というか、最近リリースされてるPCなら大抵は搭載されてるのかな?
少し前の”オンボード”っていうのかな?
本当に基本的なグラフィックの表示しかできない「チップセット」とかいうのしかないやつ。
あれよりは絶対に性能が高い。

動作確認結果:
768×432ピクセルで動作
Androidエディションほどではなかったけど、ある程度は快適に動作。
多少の処理落ちは気になるものの、くじの結果は想定どおりとなっていた。


・ノートPC
 今のPCになる前に使っていたもの。
 メモリが8GBと高めでグラフィックボードも搭載されてるけど、少し前のRADEON6470Mと今となってはやや非力。


スペック:
OS:Windows7
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-2430M 2.40Ghz
メモリ:8GB
グラフィック:Intel HD Graphics

とてもじゃないが「鉄拳7」や「ソウルキャリバー6」のような完全なゲーミング向けのゲームは起動することすらままならない。
このスペックで動かせるゲームといえば「Street Fighter X 鉄拳」ぐらい。
しかも快適にプレイするためにはブラー(対戦相手や武器を勢いよく振り回したときなどに使われる、ぼかしの視覚効果)をオフにしないといけない。
……というのはRADEON6470Mの話で、実はあるときからRADEONが認識されなくなってしまい、検証が満足にできなくなってしまった。
(1度PCをリカバリし、それからRADEONを使った状態でもう1度やってみる予定です)
ので、下記の結果はIntel HD Graphicsでのものとなっている。

動作確認結果:
768×432ピクセルで動作
動作自体は処理落ちが全くなく、快適。
なんだけど、1つ問題が起きている。

もうこのPCではご愛嬌というべきか。
各キャラクターの顔だけ消えてなくなるという現象は今も起きている(笑)
カメラの向きとかの計算がうまくいってないとかでオフスクリーン(カメラが映している範囲の外にある状態)と誤認識されているのかと思って「オフスクリーン時も更新」をオフにしてみたけど、やっぱり治らない。
どうやら誤認識とかではなく”表示自体ができていない”っぽい。


【2020年11月10日追記】
AMD RADEON(TM) HD 6470M を使用した動作確認が完了しました。

スペック:
OS:Windows7
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-2430M 2.40Ghz
メモリ:8GB
グラフィック:AMD RADEON(TM) HD 6470M

動作確認結果:
768×432ピクセルで動作
若干の処理落ちがあるものの、動作は想定どおりでした。
上記の”顔が消えてなくなる現象”も起きませんでした。

現時点では上記の結果をもとに特設ページ・動作環境の欄を更新いたします。

引き続き動作確認の結果報告は、受付しております。

……といいたいところなんだけど。
今のところ、公開してるのはフルグラフィックエディションしかない
軽量版となる”ライトエディション”も公開するべきか?


――みたいなことで。
ライトエディションも公開して、本格的にテストプレイをしていただける方を募集いたします。
詳しい内容はライトエディションを公開したあとに記事として投稿いたします。


ちなみに……
フルグラフィックエディションについては「フルグラフィックっていうぐらいなんだから、解像度もフルHDにすればいいんじゃね?」って思って、フルHDサイズの1920×1080ピクセルにしたところ……



エディアンさんの説明文だけが誤字・脱字のオンパレードに(笑)
ので、解像度は1280×720ピクセルが最大とさせていただきます。




以上のようなことで。
引き続きゲーム制作、頑張ります。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です